砂、砂状、ゴム状の宿便とは何?宿便の形状とは?

砂、砂状、ゴム状の宿便とは何?宿便の形状とは?

砂、砂状の宿便、ゴム状の宿便って何?

 

宿便の形状とは?

 

砂状の宿便を出るとき、
ゴム状の宿便を出るときを紹介します。

 

砂、砂状、ゴム状の宿便とは何?宿便の形状とは?

 

宿便の形状は?

一般的な宿便の形状は、
一般的な便と変わりません。

 

お腹の中で長く滞留しているので黒くて、臭いです。

 

しかし宿便の中には変わった形状のものがあります。

 

砂状、ゴム状、ワカメ状、糸状、泥状など様々です。

 

またサラサラとした
砂のような宿便が出ることがあります。

 

ではこの砂、ゴム状などの宿便は
どうしたら出るのでしょうか?

 

 

 

砂状の宿便を出るときとは?

砂の宿便が出るときは、
菜食主義や、野菜中心の食事にしたときです。

 

グリーンスムージーを飲んだり、
サラダを食べたり、
納豆や豆腐などの大豆製品を食べる。

 

こう言った野菜中心の食事をしていると、
1週間くらいで砂状の宿便が出ます。

 

またお肌が綺麗になります。

 

 

 

やはり肉などの脂は、
ニキビの原因になったり、
肌荒れの原因となります。

 

またコレステロールも高く
体によくありません。

 

同様に糖質、アルコールなども、
コレステロールが高いです。

 

血液がドロドロになり、
太りやすく、
お肌にも良くありません。

 

 

 

菜食主義や断食など詳しく知りたい人は、
甲田光雄先生の本をお読み下さい。

 

 

 

 

ゴム状の宿便を出るときとは?

ゴム状、ワカメ状、糸状、泥状などの宿便は、
長期間、お腹の中で滞留した宿便です。

 

こう言った便は長期間の断食をすると出ます。

 

または大腸憩室に溜まった宿便は、
大腸憩室に長く滞留し、
外に出ることは少ないです。

 

大腸憩室とは大腸の外側に出来た小さな膨らみです。

 

外側に膨らんでいるので、
ここに便が溜まると、
なかなか外に排出できずに長期間、
滞留することになります。

 

また長年滞留することで、
大腸憩室に宿便がしっかり張り付き、
外に排出するとき激痛がする事があります。

 

またこの宿便が原因で
大腸憩室が炎症し、
腹痛、発熱、下血と言った
症状が起きる事があります。

 

→ゴム状の宿便、大腸憩室の宿便

 

 

 

まとめ

宿便の形状には、
砂状、ゴム状、ワカメ状、糸状、泥状など
変わった形をしているものがあります。

 

この砂の宿便は、
野菜中心の食事にすると出ます。

 

またゴム状などの宿便は、
お腹の中で長く滞留した宿便です。

 

大腸憩室に溜まった宿便は、
大腸憩室に宿便が張り付き、
排出するとき激痛がする事があります。

 

またこの宿便が原因で
大腸憩室が炎症し、
腹痛、発熱、下血と言った
症状が起きる事があります。

 







簡単にお金がたまる方法とは?